以降3つ文字サイズ選択 小 中 大

ユニバーサルデザインとは?

できるだけだれにでも使いやすいデザイン

ユニバーサルデザイン(UD)は、年齢・心身能力・使用環境などを問わず、あらかじめ多様な使用者を想定して、 「できるだけだれにでも使いやすいデザイン」を目指す“創造提案型”のデザインです。

UDの7原則
UDの7原則は、1985年、当時アメリカ・ロースカロライナ州立大学の所長を務めていたロナルド・メイス氏によってバリアフリーの発展形として提唱され、現在でもUDの基本概念となっています。内容は以下のとおりです。

  1. 公平性:
    誰にでも公平に利用できること
  2. 自由度:
    使う上で自由度が高いこと
  3. 単純性:
    使い方が簡単ですぐに分かること
  4. 明確性:
    必要な情報がすぐに理解できること
  5. 安全性:
    うっかりミスが危険につながらないこと
  6. 省力性:
    無理な姿勢をとることなく、少ない力でも楽に使用できること
  7. 空間性:
    アクセスしやすいスペースと大きさを確保すること

いま必要とされているのは、だれもが利用しやすく、すべての人にやさしい、思いやりのある「まちづくり」「ものづくり」です。そして、この根底にあるのが「UD」であると私たちは考えます。

 Copyright (C) since 2010 Northern Universal Design Association All Rights Reserved.